MENU
Close 

   

【詳細解説】ビタミンによる打ち身の効果的な治療法

 
【詳細解説】ビタミンによる打ち身の効果的な治療法

~ ビタミン・ミネラルによる打ち身の改善方法 ~
皮膚への圧迫感・外傷により、皮膚の下の毛細血管などが破裂して他の組織に流れ出る症状、打ち身。

黒色や紫色に変色した見た目は痛々しく、早急に改善したい症状の一つである。

この打ち身は皮膚への圧力により生じるが、高齢者などで皮膚自体の強度が低下した場合には、さらに治療完了までの時間が必要となる。その場合には、サプリメントなどの摂取による打ち身自体の予防策や、応急処置による打ち身箇所の改善も大切である。

ではここからは、この打ち身の予防策としてのビタミンの摂取に関して、その具体的な数値と対処法をご覧いただきたい。

スポンサー様


打ち身改善のために摂取すべき成分

ビタミンKの摂取

打ち身の予防と改善に効果的な成分に、ビタミンKが挙げられる。

この成分には血液の凝固作用の促進効果が期待され、外部からの圧力により皮膚下の血液が拡散されることを防ぎ、打ち身の症状であるアザの治療促進・予防に効果を持つ。

これは主に外用(塗るタイプ)として使用され、ある研究ではビタミンKを塗った腕だけ、同じ衝撃でもアザの発生率が低下した報告もある。さらにその打ち身跡の完治に関しても、塗布場所は約5~7日間で治療が完了し、塗布しなかった場所は約11日~13日の治療期間が求められた。

ただし日本ではいまだビタミンKの外用薬は市販されていないため、専門医師に処方をお願いしよう。

1日当たり摂取塗布量

  • ビタミンK 1%クリーム(回数指定なし)
  • ※過剰な回数の塗布は非推奨

ビタミンCの摂取

打ち身の原因である皮膚の弱体化に対して、ビタミンCによるコラーゲン生成が効果的である。これはコラーゲンの生成に必要となるビタミンCを摂取することで、打ち身自体の発生頻度を低下させる意味合いを持つ。

特に高齢者等の皮膚が弱くなっている患者に対してこの方法は有効であり、1日当たり500㎎~1000㎎の摂取が推奨されている。

さらにビタミンCに関しては、外用(塗布する)も有効だと考えられている。これは経口摂取よりも直接肌にビタミンCを塗布することで、より強固な肌を形成するという意味合いを持つ。このビタミンCの概要に適しているクリームは広く販売されているため、より健康的な皮膚形成には効果的な方法である。

1日当たり摂取目安量

  • 500mg~1000㎎
  • 含有される食品:柑橘類・レモン・プルーンなど
  • (ただし食品からの摂取には、一皿以上の大量摂取が必要かも知れない)

亜鉛・バイオフラボノイドの摂取

また亜鉛に関しては、傷の治療速度を増加させる働きを持つ。これは打ち身などの外傷による症状にも、非常に効果的である。

さらにバイオフラボノイドもまた、より強固な毛細血管を生成し、皮下への圧力による打ち身症状の予防に効果的である。

1日当たり摂取目安量

  • 亜鉛15mg
  • 亜鉛が含有される食品:牡蠣・牛肉・レバーなど
  • バイオフラボノイドが含有される食品:柑橘類・蕎麦など

サプリメントによる効果的な打ち身の治療例

1日当たり摂取目安量(いずれか)

  1. ビタミンC 1000mg(バイオフラボノイド・ルチン・ヘスペリジン含有サプリ)
  2. ※あくまでも研究者による一つの推奨例であり、緩和・改善を確定づけるものではありません
    ※上記の併用に関しては、過剰摂取及び複合摂取による別途危険が伴う恐れがあります

~ ご注意 ~

※各種有効成分・ビタミン・ミネラルに関しては国が定める安全容量を必ず遵守し、自己責任で摂取してください。アレルギー反応・疾病・他の服用薬剤等との干渉および弊害に関しては、事前に専門家である医師へ必ずご相談ください。


 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -