MENU
Close 

   

【簡単解説】イソフラボン 効能・副作用・研究に基づく効果的な摂取方法

 
【簡単解説】イソフラボン 効能・副作用・研究に基づく効果的な摂取方法

~ イソフラボンの特徴と効果 ~
野菜などに含まれる抗酸化作用を持った植物化学物質、フラボノイド。植物に含有されるフラボノイドの中には、ビタミンの数十倍もの効果をもつ成分も少なくない。

そしてその中で持に大豆や他の豆類に含まれるフラボノイドが、このイソフラボンである。

体内でホルモン化合物である植物性エストロゲンに変換されるこの成分は、血中コレステロールの減少や、中性脂肪値を下げることによる心臓病の予防などに効果を持つ。ただしイソフラボンは植物性であるため、本来の女性ホルモンであるエストロゲンと区別するためにも「フィトエストロゲン」の名前が与えられている。

またホルモン依存性の癌などの進行を抑える効果や、閉経後の女性のほてりを予防するなど、その効果は幅広く人体のホルモン系への影響を持つ。

特にエストロゲンの作用を緩和(エストロゲンの受容体にイソフラボンが結合)による乳がんの予防作用には、多くの研究が進んでいる。

本来エストロゲンには更年期障害の「むくみ」「のぼせ」などの作用を緩和する働きがあるが、作用が強すぎることで逆に乳がん発症リスクを上昇させる恐れがある。

そのためこのイソフラボンがエストロゲンの作用を代替し、それにより乳がんのリスクを下げるというロジックである。またその作用は比較的穏やかで、女性のボディメイクや肌の健康維持などにも使用されている。

このイソフラボンには「ゲニステイン」「ダイゼイン」の二種類が良く知られ、前者は大豆にしか含まれず、癌細胞への栄養補給を予防する働きにより癌の拡大を予防し、乳癌・前立腺癌のリスク軽減の効果も期待されている。

そして後者の「ダイゼイン」はその「ゲニステイン」と共に作用し、腫瘍の拡大を間接的に予防する役割を果たす。主に葛根(かっこん)に含まれるため、葛根のもつ二日酔い予防・アルコールへの欲求緩和作用と共に、広く活用されている。

そのため本格的にアルコールを辞めたい人には、この葛根由来のイソフラボンが推奨されている。

ただ日本人の半数はその体質状、大豆イソフラボンに含有されるダイゼインにより生成されるエクオールを体内で産生することができないため、エクオールそのものを含有するサプリメントの開発も進んでいる。

スポンサー様


イソフラボンの効能と体内での働き

  • 乳癌・前立腺癌のリスク低減
  • 骨からのカルシウム溶解予防
  • 動脈硬化・高コレステロール血症の予防し
  • 閉経後のほてり予防
  • コレステロール・トリダリセリド濃度の低下(更年期の女性研究)
  • Ⅱ型糖尿病緩和

イソフラボンに報告されている副作用・危険性

  • 女性の月経周期の延長(エストロゲンとの拮抗)
  • 血中ホルモンの増減
  • 妊婦・幼児の摂取(動物実験における有害作用報告あり)
  • 耐容上限数(厚生労働省):なし
    ※過剰摂取、稀に見られる症状(比較的過剰摂取による副作用報告多い)

イソフラボンを多く含有する食品

  • 豆腐・納豆・豆乳・大豆の煮豆
  • 煎り豆・きな粉・味噌
  • レッドクローバー・葛

各情報は全て各種論文・研究機関の発表に基づくものであり、確実性を担保するものではありません。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -