MENU
Close 

   

Life Extension メガベンフォチアミン(ビタミンB1) 250mg 効果・副作用・レビュー

 
Life Extension メガベンフォチアミン(ビタミンB1) 250mg 効果・副作用・レビュー

~ Life Extension メガベンフォチアミン(ビタミンB1)の特徴と効果 ~
集中力の欠如や体のだるさ、躁鬱などの精神的疾患に繋がるビタミンB1の欠乏症。普段の生活から必要量を摂取することが難しいこのビタミンは、サプリメントでの摂取が推奨されている。

ビタミンB1の欠乏による体の不調は、私たちの生活の思いのほか多く見られる。それは前述の躁鬱などのメンタル障害、そして糖分を効率的に分解できないことに付随する糖尿対策集中力の欠如(思考のための栄養不足)などに繋がる。そのためビタミンB1を定期的に摂取し、これらの総合的な体の不調に対応する必要がある。

ただし一般的にビタミンB1は水溶性のため体内に留めておくことが出来ず、定期的なサプリメント等での摂取が求められる。

しかし本製品が含有するベンフォチアミンは、脂溶性かつ細胞壁の浸透性を持つビタミンB1であり、水溶性チアミン(ビタミンB1)と比較し、より効率良く体内に補給できる特徴をもつ。

特に研究の中には、ベンフォチアミンがチアミンの約15倍もの酵素トランスケトラーゼ(血糖代謝を促進する成分)の増加作用を持つとされており、より効率的な血糖代謝促進に繋がる効果があると考えられている。

これらの特徴から本製品を含むベンフォチアミンは、ビタミンB1欠乏により引き起こされる神経系・腎臓・目・血管・心臓等の健康阻害に、より効果的に働きかけることができると考えられている。

ビタミンB1の欠乏に付随する体調不良に、より具体的な対策を講じられる製品である。


スポンサー様


効果・副作用・レビュー

価格・数量

  • 希望小売価格:\3.413
  • 平均価格と平均割引率 :\2.560  ※約25%
  • 容量    :120錠(約30~120日分)
  • 利用者評価 :星4.5120人レビュー

本サプリの主な効能成分(1錠あたり)

  • チアミン(ビタミンB1):10mg DV 667%
  • ベンホチアミン:250mg
  • ※DV:平均アメリカ人の一日摂取目安量基準
    ※DV未確立:一日摂取目安量が設定されていない

含有成分に一般的に期待される効果

ビタミンB1に期待される効果

  • 神経系・メンタル圧迫の緩和・改善
  • 体の様々な組織の成長促進
  • 炭水化物(ブドウ糖)の消化促進
  • 神経系・筋肉・心臓の機能正常化
    ※確定的に保証されるものではありません
    ※その他の効能の詳細は、後述の詳細記事をご参照下さい

含有成分に一般的に危惧される副作用・注意点

ビタミンB1に危惧される副作用・注意点

  • 過剰摂取による浮腫・神経過敏・アレルギー(1日500mgを超える摂取)
  • ※日本人成人男性所要量:1.1mg
    ※日本人成人女性所要量:0.8mg
    ※その他の副作用の詳細は、後述の詳細記事をご参照下さい

ビタミンB1に関する詳細な効果・副作用一覧はこちら

詳細記事:【簡単解説】ビタミンB1 効能・副作用・研究に基づく効果的な摂取方法

本サプリの特徴

  • 脂溶性・水溶性2つのビタミンB1を含有
  • 牛乳・卵・魚・ピーナッツ・甲殻類不使用
  • 大豆・ナッツ・小麦・酵母・グルテン・トウモロコシ不使用
  • 人工甘味料・香料・着色料色・防腐剤不使用

参考になる高評価レビュー(引用要約和訳等)

  • 遺伝性感覚性ニューロパシーへの効果を感じました
  • 糖尿病により弱った麻痺と疼きに効果がありました
  • 他のビタミンB1製剤では感じなかった効果を、一瓶目で感じました。痛みが緩和しました
  • 心拍数に関するドーパミンレベルが上昇しました
  • Ⅰ型糖尿病ですが、血糖値が緩和しました。良い製品だと思います
  • ※あくまでも個人的感想です

参考になる低評価レビュー(引用要約和訳等)

  • 私が煩っている精神疾患には効果がありませんでした
  • 背中の痛みに校があると思い服用しましたが、全く効果を感じませんでした
  • 効果を感じられるかどうかは、個人差があると思います
  • ※あくまでも個人的な体感です

《 割引コードGMQ548入力で5%OFF!


~ ご注意 ~

※各種情報は含有された成分に一般的に期待される効用・副作用等であり、その効能・効能・危険性を保証・確定するものではありません。各種サプリ・ハーブは医療品ではなく、あくまで各種ビタミン等を含有するに留まります。各種含有成分等は商品改定ににより変化する場合がありますので、必ず販売元でご確認下さい。使用前は専門の医師に相談する等、自己責任にてご購入及びご使用下さい


 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -