MENU
Close 

   

【簡単解説】モリブデン 効能・副作用・研究に基づく効果的な摂取方法

 
【簡単解説】モリブデン 効能・副作用・研究に基づく効果的な摂取方法

~ モリブデンの特徴と効果 ~
主に強い解毒作用を持つミネラルである、モリブデン

この成分は亜硫酸オキシターゼという成分を持ち、亜硝酸塩(タンパク質含有食品・食品保存剤・薬剤に含有)の解毒作用を持つ。また炭水化物と脂質の代謝を促進する効果を持ち、人体が鉄を適切に使用する上で、欠かせない酵素生成成分であり、欠乏した場合には貧血などの症状が確認される。

人々の中には、時にこの亜硫酸塩を体内で分解できない場合があり、その場合にはこの亜硫酸塩の蓄積により毒性が観測される。これは稀な遺伝病であるが、時にその場合にもこのモリブデンの摂取が有効でない場合がある。

普段の生活で欠乏することは殆どなく、500ugを超えた摂取においては過剰摂取として銅の代謝を阻害する可能性がある。そのためこのモリブデンを含有しているさマルチビタミンでは、含有量が75ug~250ug以下の製品を選ぶべきであると推奨されている。

ただ先ほどの「通常の食生活の中で不足する事は極めて稀」という点からも、サプリメントでの摂取の必要性は殆どないと考えられる。通常の健康的な食事からの摂取を、心がけるべきミネラルだと考えられる。

スポンサー様


モリブデンの効能と体内での働き

  • 亜硝酸塩の解毒作用
  • 炭水化物・脂質の代謝促進
  • 貧血予防
  • 鉄の精製促進
  • 全体的な健康促進

欠乏症による問題点

  • 貧血など、上記効能の欠落
  • ※ただし通常の生活において、欠乏する事は極めて稀

モリブデンに報告されている副作用・危険性

  • 銅の欠乏
  • ※過剰摂取に関しては、確定的に良いものではありません
    ※確定的に危惧されるものではありません

モリブデンを多く含有する食品

  • 豆類
  • 未精製の穀類
  • シリアル
  • 牛乳
  • 乳製品濃緑色の葉野菜

モリブデンの摂取目安・所要量

  • 日本人男性所要量18~69歳:30ug 70歳以上 25ug
  • 日本人成人女性所要量:25ug
  • サプリとしての一般的な推奨量:75ug~250ug/day
  • ※所要量:特定の年齢や男女集団の97.5%(平均必要量+標準偏差の2倍)の必要量を満たすのに充分な摂取量

各情報は全て各種論文・研究機関の発表に基づくものであり、確実性を担保するものではありません。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -