~ Nature’s Way アロエ 葉と乳液の特徴と効果 ~
抗生物質としてケガや火傷の治療として、軟膏で用いられることの多いアロエ。消化器系の使用されるこの成分は、外用だけでなく内用(飲み薬)としても高い効能を持つ。

その効果は緩下剤(便通改善)・胃潰瘍の治療など、外部のケガの治療と同様に、内部からも治療を行う性質を持つ。さらにアロエに含まれるアロイン・アロエエモジンには、胃液の分泌を促す効果も期待され、消化器系を始めとする胃腸全体の環境改善にも貢献する。

しかし本製品の服用者の方が主に期待するのは、やはりアロエによる強い緩下剤効果である。慢性的な便秘に悩む方にも広く愛用され、その便通改善効果にも定評がある。

特に自然成分由来の緩下剤は人気が高く、常用されている方も少なくない人気サプリメントである。

ただし本製品の注意が気にもあるように、一週間以上の継続服用妊娠中または授乳中の服用は禁止されている。それはアロエの持つ高い下剤・体温低下作用により、冷え性・低体温症等の症状が危惧されるためである。体質に合わないことも多いハーブのため、その服用には十分にご注意いただきたい。

特に慢性的な便秘の改善を求める場合、次第に服用量が増えやすい傾向にある。必ず長期的な服用に関しては、専門家である医師の診断を受けるべきだろう。


スポンサー様


効果・副作用・レビュー

価格・数量

  • 希望小売価格:\1.305
  • 平均価格と平均割引率 :\836  ※約36%
  • 容量    :100錠(約100日分)
  • 利用者評価 :星4.3 72人レビュー

本サプリの主な効能成分(1錠あたり)

  • アロエフェロックス(ラテックス):140mg
  • アロエフェンネル(種子):135mg
  • ※DV未確立:一日摂取目安量が設定されていない

含有成分に一般的に期待される効果

アロエに期待される効果

  • 胃潰瘍などの粘膜機構の保護(内服)
  • アロインによる胃液の分泌促進・胃腸の活発化(内服)
  • 便通作用(内服)

※確定的に保証されるものではありません

含有成分に一般的に危惧される副作用・注意点

アロエに危惧される副作用・注意点

  • 妊娠者・授乳期の女性の使用(禁止事項)
  • 低体温・体調不良時の使用(外用・内服問わず)
  • ※過剰摂取に関しては、確定的に良いものではありません
    ※確定的に危惧されるものではありません

本サプリの特徴

  • 非GMOプロジェクト検証済み
  • 低頻度の便秘改善に
  • グルテンフリー
  • ベジタリアン仕様
  • ※非GMOプロジェクト検証済み:遺伝子組み換えではない

参考になる高評価レビュー(引用要約和訳等)

  • 慢性的な便秘がほぼ無くなりました
  • 痙攣することもある便秘に非常に効果的です
  • かなり即効性もあり、非常に良くききます
  • 内服の効果で、肌と髪質、爪が改善しました
  • 長年の宿便が、次第に排出されました
  • 乳酸菌より効果があると思います
  • 家族全員で服用しています。効きます
  • ※あくまでも個人的感想です

参考になる低評価レビュー(引用要約和訳等)

  • 継続的に服用すると、体制が生まれる恐れがあります
  • 一週間以上継続して飲めないので、不便です
  • 個人的にあまり効果は実感しません
  • 継続して飲むと、胃腸系に不快感を感じます
  • ※あくまでも個人的な体感です

《 割引コードGMQ548入力で5%OFF!


~ ご注意 ~

※各種情報は含有された成分に一般的に期待される効用・副作用等であり、その効能・効能・危険性を保証・確定するものではありません。各種サプリ・ハーブは医療品ではなく、あくまで各種ビタミン等を含有するに留まります。各種含有成分等は商品改定ににより変化する場合がありますので、必ず販売元でご確認下さい。使用前は専門の医師に相談する等、自己責任にてご購入及びご使用下さい