MENU
Close 

   

【詳細解説】ビタミンによる効果的な歯周病・歯茎出血の治療法

 
【詳細解説】ビタミンによる効果的な歯周病・歯茎出血の治療法

~ ビタミン・ミネラルによる歯周病・歯茎出血の改善方法 ~
口内環境は、体の全てに影響する。多くの歯科医はそう断言する。

口腔も体の一部であると考える彼らは、健康な歯茎を守るための歯磨き・デンタルケア用品の使用・歯間ブラシを推奨している。これは歯の表面だけでなく、歯間歯と歯ぐきの間等にバイオフィルムと呼ばれる汚れや細菌が残留しているからである。

さらにその口腔ケアと同時に、日々の健康的な食事も推進している。そして口腔とは一見関係がないと思われるサプリメントも、歯茎の状況を著しく改善する要素であると考えられている。

つまり歯周病・歯茎出血の原因として、具体的な栄養素不足が可能性として浮上する。ここからは、その具体的な数値と対処法をご覧いただきたい、

スポンサー様


歯周病・歯茎出血改善のために止めるべき成分・習慣

ソフトドリンクを飲まない

歯の脱落が危惧される場合には、顎のカルシウム強度を保つ必要がある。その際に問題となるのがソフトドリンクに大量に含まれるリンであり、この成分は骨からカルシウムを取り除く作用がある。

さらにリンと同様に大量に含まれる砂糖にも、歯肉の軟化への影響が危惧される。その理由として砂糖が歯周病菌を増殖してしまうという見方があるが、実際にはまだ立証されていない部分も多い。

ただいずれにしても、良い影響は与えないだろう。

歯周病・歯茎出血改善のために摂取すべき成分

毎日の歯磨き・ブラッシング・ビタミンC

ガン予防・HIV発症率の軽減・アンチエイジングにおける研究など、幅広いジャンルでも活躍するビタミンCの有効性は、口腔ケアでも例外ではない。多くの歯学博士たちは、ビタミンCの摂取により歯茎に劇的な改善を及ぼすと述べている。
まずビタミンCの役割として、コラーゲン(タンパク質)の産生に不可欠であり、それは歯茎の形成にも同様であることが挙げられる。つまり歯周病予防や歯茎からの出血を止めるには、健康的な歯茎のタンパク質生成そのものに期を掛ける必要がある。

この点に関して、意図的にビタミンCを不足させた実験動物では、対象動物の歯肉の腫れ・顎骨のミネラル含量低下・歯の脱落などが確認されている。

またビタミンCの摂取には、喫煙や過度の飲酒などによるビタミンCの欠乏を補給する意味合いもある。特にタバコは血流を低下させ、歯や歯茎まで十分に栄養が行き届かなくなると考えられている。つまりストレス溢れる現代社会において、ビタミンCの摂取には大きな意味合いがある。

またサプリメントでの補給だけでなく、ビタミンC溶液でのうがい・口のゆすぎも効果的である。具体的には小さじ半分のビタミン結晶(アスコルビン酸末)をノンシュガーの相橋系飲料に溶かし、口に含み約1分間ゆすぐ。これを1日2回行うだけである。

ただこの際、アスコルビン酸ではなくチュアブルタイプのビタミンCなどを使用すると、歯のエナメル質を溶解する恐れがあるので注意が必要だ。

1日当たり摂取目安量

  • 1000mgを1日2回(徐放性カプセル)
  • 含有される食品:レモン・柑橘系・イチゴ等
  • ※徐放性:薬をゆっくり溶け出すように特殊な製剤化を施した薬(タイムリリースなど)

サプリメントによる効果的な歯周病・歯茎出血の治療の例

1日当たり摂取目安量(いずれか)

  1. ビタミンCコンプレックス:1回1000㎎を3回(※ バイオフラボノイド・ルチン・ヘスペリジン含有タイプ)
  2. ※コンプレックス:混合の意味であり、今回であればビタミンC以外にも様々な成分を含むサプリメント
    ※あくまでも研究者による一つの推奨例であり、緩和・改善を確定づけるものではありません

~ ご注意 ~

※各種有効成分・ビタミン・ミネラルに関しては国が定める安全容量を必ず遵守し、自己責任で摂取してください。アレルギー反応・疾病・他の服用薬剤等との干渉および弊害に関しては、事前に専門家である医師へ必ずご相談ください。


 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -