MENU
Close 

   

【詳細解説】ビタミンによる日焼けの効果的な治療法

 
【詳細解説】ビタミンによる日焼けの効果的な治療法

~ ビタミン・ミネラルによる日焼けの改善方法 ~
太陽光による皮膚への火傷の一種である、日焼け

その予防と改善策には、様々な市販の製品が用いられる。

まず直射日光には、UVAUVBと呼ばれる2種類の紫外線が含まれる。

そしてUVBは、日焼けや短期的な皮膚のダメージの原因となる強力な紫外線であり、皮膚の表面から吸収される。次にUVAは、やや弱い紫外線だが皮膚の表面を突き抜けて皮膚内に進入する性質を持つ。そしてこのUVAこそが、私たちが最も気にする皺(しわ)などの長期的な悪影響へとつながる。

そしてこれら日焼けの悪影響の原因の多くは、活性酸素である。直射日光により、さらにこの活性酸素が発生するものと考えられる。

そのため日焼け対策・改善策にはこれらの活性酸素への対策を講じるが、その種類は「内部からのケア」と「外部からの予防・治療」の二種類が主流である。

つまり日焼け対策・予防策には、具体的なビタミン補給外部からの保護が必要となる。ではここからは、その具体的な数値と対処法をご覧いただきたい。

スポンサー様


日焼け改善のために止めるべき成分・習慣

ソラレンを含む食品を控える

ソラレンとは日焼けを誘発する成分であり、この成分を多く含むパセリ・セロリ・ライムなどの食品を摂取することで、日焼けの症状が悪化するケースがある。

ただ多くの場合はかなりの過剰摂取でない限り、このソラレンの影響は少ないと考えられる。しかし中にはこのソラレンに対する過敏性の方もおり、その場合は日焼け症状が過分に悪化する恐れがある。(特に上記野菜を収穫している際などには、皮膚に大きな影響が出る恐れがある)

日焼け止めの成分を十分に確認する(推奨点)

前述のように、紫外線には二種類の性質がある。(UVAとUVB)そして市販の日焼け止め製品の多くは、UVBしか遮ることができない。

さらにUVBとUVAの両方を遮断することを特徴としている製品であっても、一部の紫外線を通してしまう可能性があるため、出来るだけ多くの紫外線を遮断する製品を選ぶべきだろう。

またUVBとUVAを完全に遮断するのは、衣服と酸化亜鉛のみである。酸化亜鉛とはライフガードが顔に塗っている成分であり、かなりの日焼け止め効果を持つ。紫外線を高確率でシャットアウトするための成分であり、これらも塗布も一つの選択肢になる。

日焼け改善のために摂取すべき成分

抗酸化作用を持つビタミンC・ビタミンE・セレンの摂取

抗酸化作用を持つビタミンC・ビタミンE・セレンは、紫外線により発生した活性酸素を除去し、日焼けから肌を守る性質がある。

そしてその日焼けへの対処により、抗酸化作用を持つこれらの成分は対価として高速に失われていく。そのため、これら抗酸化作用を持つビタミン類を定期的に補給することも重要である。

ただこれらは内部から日焼けに対処する方法だが、実際には外部から紫外線に対する対策・改善策を講じたほうが効果は高い、と多くの研究者は述べている。

ビタミンCの外用剤(外から塗るタイプ)

そして前述の外部からの紫外線対策には、ビタミンCの外用剤(塗るタイプ)が極めて効果的であると考えられる。

まずビタミンCを皮膚に塗った場合、コラーゲン(皮膚の組織)の生成が促進される。そしてこのビタミンC自体は、皮膚を光から保護する性質を持つ。つまり直射日光を浴びた皮膚で発生した活性酸素を、消し去ることでダメージを予防する働きを持つ。

デューク大学医療センターによる研究では、健康肌の被験者10人に10%のビタミンC溶液を塗ったところ、10人中9人に皮膚が日焼けしているレベルになるまで、平均22%の紫外線が必要になった結果がある。さらにその半数では、日焼けの程度が軽くなった。

ただこれらの研究においても注意すべきは、ビタミンC自体は日焼け止めとしての効果を期待するものではない。あくまで日焼けの被害を軽減する成分であり、ビタミンC単体による日焼け予防効果を期待するものではない。

さらにいくらビタミンCが日焼けの被害を抑えると言っても、ビタミンCを含有するオレンジジュース等を皮膚に塗ったとしても、同様の効果は期待できない。ビタミンCは非常に不安定なため、あくまでも専門の製品としてのビタミンCローション等を使用する必要がある。

ビタミンCローションの塗布方法

  • 10%ローション(Cellex-C)日焼け15分~30分前に塗布、その後日焼け止めを塗布

ビタミンEの外用剤・内服剤

さらに前述のビタミンCに合わせて、ビタミンEの塗布も活性酸素を除去する役割を持つ。

ただビタミンEに関してはビタミンCと違い、紫外線を浴びた後の塗布が推奨されている。なぜならこのビタミンEを塗布した状態で紫外線を浴びた場合、逆に活性酸素を排出し、周囲の皮膚へその悪影響が及ぶ危険がある。

そのためビタミンEは紫外線を浴びてから半日後に塗り、さらにできるなら早めに塗布することが推奨されている。ただしビタミンEの外用剤(塗り薬)に配合されているエステルは、アレルギーの原因を引き起こす可能性があるため、注意が必要だ。

動物におけるビタミンEの紫外線における塗布実験では、UVBを照射し8時間以内にビタミンEの酢酸エステル(体内でビタミンEに変わる物質)を皮膚に塗布した動物において、皮膚障害が軽減された記録が残っている。

さらにビタミンEに関しては、内服(飲む)でも活性酸素を除去する働きを持つ。これはビタミンCを内服する場合と同じく、思いがけず太陽光を浴びてしまった場合などに服用すると良いだろう。そしてこちらの内服に関しては、紫外線を浴びる前に摂取しても問題はないとされる。

1日当たり摂取目安量

  • (外用の場合)5%~100%のクリーム・オイル(日焼け後に塗布)
  • (内服の場合)400IU(数個)
  • 含有される食品:いくら・いわし・明太子・うなぎ
  • ※過剰摂取が危惧されるため、要医師の診断

セレンの摂取

前述のビタミンC・ビタミンEと同様に、セレンにも活性酸素を除去し日焼けの症状を緩和する役割がある。

ただしセレンの摂取に関しては100ug以上の摂取において毒性が危惧されるため、この数値を超える服用時には医師の診断を受けていただきたい。

1日当たり摂取目安量

  • 50~200ug(l-セレノメチオニンとして)
  • 含有される食品:まぐろ・鮭
  • ※過剰摂取が危惧されるため、要医師の診断

サプリメント・ローションによる効果的な日焼けの治療例

1日当たり摂取目安量・塗布目安回数(いずれか)

  1. アロエベラ (1日3回塗布)
  2. MSMローション(30㎎中に20000IUを含む製品を1日3回~4回塗布)
  3. ビタミンEローション(30㎎中に20000IUを含む製品を1日3回~4回塗布)
  4. ビタミンC 500mg(午前・午後の2回)
  5. ※あくまでも研究者による一つの推奨例であり、緩和・改善を確定づけるものではありません
    ※上記の併用に関しては、過剰摂取及び複合摂取による別途危険が伴う恐れがあります

~ ご注意 ~

※各種有効成分・ビタミン・ミネラルに関しては国が定める安全容量を必ず遵守し、自己責任で摂取してください。アレルギー反応・疾病・他の服用薬剤等との干渉および弊害に関しては、事前に専門家である医師へ必ずご相談ください。


 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -