MENU
Close 

   

【詳細解説】ビタミンによる貧血の効果的な治療法

 
【詳細解説】ビタミンによる貧血の効果的な治療法

~ ビタミン・ミネラルによる貧血の改善方法 ~
血液中のヘモグロビン・赤血球が減少することにより、皮膚の蒼白・疲労感・息切れ・心拍数上昇などの症状が現れれる貧血。

この症状の多くは、特定の栄養不足・体内の酸素不足により引き起こされる。

さらにこの貧血の原因には、特定の薬物や物理的外傷、極端なダイエットなど、幅広い要因が存在する。そして日本人女性の約6割が、潜在的な鉄分不足省にあると考えられる。

そのため現在貧血に悩んでいるならば、普段の生活スタイルから原因を究明するとともに、栄養不足が危惧される成分を摂取するなどの方法を試みるべきだろう。

ではここからは貧血の原因として考えらえる具体的な栄養素不足過剰成分等の、具体的な数値と対処法をご覧いただきたい。

スポンサー様


貧血改善のために止めるべき成分・習慣

亜鉛のサプリメントの摂取量を考える

貧血の原因に、サプリメント等による亜鉛の摂取が挙げられる。これは亜鉛が後述の貧血に対する重要成分である銅の吸収を阻害する性質があるためだ。

そのため仮に1日10㎎以上の亜鉛を取るのであれば、比率として銅も1mg摂取すべきと多くの医師が述べている。さらに1日30mg以上の亜鉛を摂取する場合には、その時点で専門の医師の診断を受けるべきだろう。

貧血改善のために摂取すべき成分

鉄分不足による酸素供給量の低下

貧血の原因のTOPに当たる、鉄分の不足

そしてこの鉄分不足は、毎月月経を控えている女性や、中高生・更年期を迎えた女性達にも危惧される。特に毎月の月経では、毎回約2.5㎎の鉄分が減少していると考えられる。

この鉄分は血液内で赤血球を運ぶヘモグロビンに含まれる成分であり、鉄分が不足することで当然ヘモグロビンが減少する。結果として赤血球も減少し、体内への血液供給量も減少すると考えられる。

そのため貧血緩和の最初の大作は、やはり吸収率の高い鉄分を摂取することである。これには抽出行程が安全なサプリメントを摂取するか、吸収しやすい性質の鉄分を含有するレバーなどの食品を食べるべきだろう。

食品で摂取する場合、他にマグロ・カツオ・アサリなどの、ヘム鉄と呼ばれる鉄分を多く含む動物性食品、または海藻類・小松菜などの植物性食品(非へム鉄)の2種類の鉄分を摂取することが望ましい。

ただし体内への吸収利率はヘム鉄のほうが高く、非へム鉄を摂取する場合には、吸収率を上げるためにたんばく質・ビタミンCとの併用が推奨される。

さらに鉄分は過剰摂取により毒性も危惧され、その反面貧血の改善には約3〜4カ月の期間が必要と考え、体内の鉄分備蓄を正常な値に戻すには、半年から1年の鉄分錠剤の摂取が必要だと考えられている。

そのためサプリメントで摂取する量を把握し、適宜専門医の診断を受けるなどの配慮が必要である。特に長期的に1日25㎎の鉄分を摂取する場合には、副作用の危険もあるため、注意が必要である。

1日当たり摂取目安量

  • 200~240㎎
  • 含有される食品:レバー プルーン・未精製の穀物・ほうれん草、鉄鍋による自炊
  • ※鉄の本来の所要量は18㎎のため、貧血改善で上記の量を摂取する場合、医師の診断が重要

鉄分と合わせて銅も摂取する

そして前述の鉄分を摂取すると同時に、も摂取することをお勧めする。なぜならこの成分もまた、鉄分と同じくヘモグロビンを作る成分であるためである。

1日当たり摂取目安量

  • 2mg
  • 含有される食品:貝類・かに・海老・ナッツ・牡蠣

ビタミンB12の摂取

さらにストレス型がメインである現代の貧血においては、ビタミンB12の摂取も必要である。これは血液中の赤血球が成熟する過程で必要な栄養素であり、ビタミンB12が欠乏することで、間接的に貧血の症状が引き起こされる。

この症状は「悪性貧血」と呼ばれ、舌の焼熱感、手足の刺激、しびれ・食欲減退・いらいら・軽度の抑うつ・記憶減退・胃が重く感じるなどの症状が発生する。

特にこの症状は、ビタミンB12を吸収するための胃腸機能が低下している、高齢者・胃痛病患者などに多く確認される。尚その場合には、ビタミンB12を多く含んだ食品を食べても吸収される可能性が低いため、ビタミンB12の注射が行われる。

1日当たり摂取目安量

  • 6ug mg
  • ※厳格なベジタリアンの場合の摂取量

葉酸の摂取

さらにビタミンB12と同じく赤血球の成長に必要なのが、この葉酸である。これはビタミン軍の1種であり、DNAの合成に必要になる成分である。

肝臓での備蓄量が少ない(最大で約2~4カ月以内とされる)この葉酸は定期的に摂取する必要があり、不規則な食生活を送っている場合には、時に欠乏する可能性がある。

ただその摂取目安量は、年齢・性別によって変化するため、ご自身の摂取目安に合ったサプリメント等の選択が必要になる。

1日当たり摂取目安量

  • 一般人 1000ug
  • 高齢者 400ug
  • 妊婦  2000~3000ug
  • 含有される食品:ほうれんそう・インゲン豆・小麦胚芽・アスパラガス
  • (ただし食品からの摂取には、一皿以上の大量摂取が必要かも知れない)

~ ご注意 ~

※各種有効成分・ビタミン・ミネラルに関しては国が定める安全容量を必ず遵守し、自己責任で摂取してください。アレルギー反応・疾病・他の服用薬剤等との干渉および弊害に関しては、事前に専門家である医師へ必ずご相談ください。


 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -