MENU
Close 

      2017/08/31

【詳細解説】ビタミンによる効果的な不眠症の治療法

 
【詳細解説】ビタミン・ミネラルによる効果的な不眠症の治療法

~ ビタミン・ミネラルによる不眠症の改善方法 ~
多くの患者が存在する、不眠症。その際たる理由は、慢性的な睡眠時間不足によるものではなく、個々の体調による部分が大きい。

不眠症は病気ではなく、何かしらの体の異常信号だと捉えるべきかもしれない。不眠症患者の約半数が心理的な問題(鬱・仕事のストレス・私生活の問題)などを持ち、様々な要因が不眠の原因となりうる。

同時に慢性的な痛み・アレルギーも、不眠を発症させる強い原因と考えらえる。そのため不眠症の原因究明と並行して、これらの痛みを伴う症状の緩和・治療を行う事も有効である。

また不眠症の原因として、具体的な栄養素不足過剰成分が可能性として浮上する。ここからは、その具体的な数値と対処法をご覧いただきたい、


スポンサー様


不眠症改善のために止めるべき成分・習慣

カフェイン

不眠症患者様に多く見られるのが、カフェイン過敏症。この症状に該当する場合、コーヒー1.2杯で不眠の症状が出る恐れがある。

ナイトキャップ(寝酒)

即睡眠に入るために有効なナイトキャップ(寝酒)だが、実際には深い睡眠につけることが少なく、夜間帯に起きてしまうことの方が多い。

軽めの食事

寝る前に大量の食事を摂取した場合、消化に血液を使用すると同時に消化管が刺激され、睡眠を妨げてしまう。そのため睡眠前には、軽めの食事をとることがオススメである。その際、食事の量だけでなく、満足感を感じる食事(サラダなどではなく、味わいを得られるもの)が良いとされる。

夜間に空腹感を感じるなら、タンパク質などを含む食事が推奨される。ただしゆで卵などは消化時間が非常にかかるため、睡眠時に消化を並行して行ってしまう可能性がある。

過剰なアルミニウム

アルミニウムもまた、睡眠の質を低下させる要素となり得る。

1日当たり1000㎎のアルミニウムを摂取した被験者と、300㎎しか摂取していない被験者では、その睡眠の眠りの浅さが顕著に表れたデータがある。アルミニウムをふくむサプリメントや制酸剤を定期的に服用している場合、自己責任でその摂取量を調節する方法もある。

不眠症改善のために摂取すべき成分

閉経後の女性を対象とした研究では、銅の不足により睡眠の質が落ち、入眠までの時間が長く熟睡感を多くの人が感じていないデータが挙げられてる。その際に患者は1mgの銅サプリメントを摂取していた。(比較対象となった摂取量は1日2mg)

1日当たり摂取目安量

  • 2mg
  • 含有される食品:ロブスター・牡蠣・ナッツ・種子系・キノコ類
  • (ただし食品からの摂取には、一皿以上の大量摂取が必要かも知れない)

鉄分

鉄分に関しても、不足した場合には夜間帯に目覚めやすくなり、睡眠の質も低下する研究結果が報告されている。

この研究は当初、銅と鉄分の摂取が少なかった被験者の睡眠時間が長いことから、少ない鉄分と銅は睡眠を長時間するための要素かと疑われた。ただ実際には、質の低い睡眠により、体がより長時間の睡眠を求めていただけであると結論付けられた。

鉄や銅の不足を補うには、マルチビタミン・ミネラルのサプリメントが安全で手軽な方法であると推奨されている。

1日当たり摂取目安量

  • 男性:10mg 月経のある女性:15㎎ / 月経のない女性:10㎎
  • 含有される食品:ロブスター・牡蠣・ナッツ・種子系・キノコ類

マグネシウム

血中のマグネシウム濃度の低下は、眠りが浅くなる原因であり、ダイエット者や高齢者などに頻繁に見られる現象である。特に高血圧症の治療に使用される利尿剤には、マグネシウムの吸収を阻害する成分がふくまれる場合があるので、一度ご確認頂きたい。

1日当たり摂取目安量

  • 400mg
  • 含有される食品:胡麻・アーモンド・カシューナッツなどの種子類

リラックス効果の高いサブリ

これは精神ストレスの緩和を目的とするため、アロマやお香などでも代用できる。ハーブではバレリアンなどがオススメである。

トリプトファン

また最も効く成分としてはトリプトファンが挙げられるが、過去の日本製品には不純物による筋肉・血管障害が確認されたため、安全性に確証がない限り進めることが出来ない。

食べ物から摂取するならば、それなりの安全性が担保できるかもしれない。

  • 含有される食品:七面鳥・ほうれんそう・牛乳

サプリメントによる効果的な不眠症治療の例

1日当たり摂取目安量(いずれか)

  1. カルシウム:1回250㎎ マグネシウム:125㎎(1日3回・就寝30分前に3粒)
  2. ビタミンB6:100㎎ ナイアシンアミド:100mg(安眠作用のあるセロトニンの分泌)
  3. ターキーサンドによるトリプトファンの摂取
  4. メラトニン:1㎎(舌下錠を就寝15分前に摂取)
  5. ※キレート:ミネラルイオンが2分子から3分子のアミノ酸で挟まれた状態。吸収率が高くなるようミネラルを事前にキレートしておくことをキレート製法と呼ぶ
    ※あくまでも研究者による一つの推奨例であり、緩和・改善を確定づけるものではありません

~ ご注意 ~

※各種有効成分・ビタミン・ミネラルに関しては国が定める安全容量を必ず遵守し、自己責任で摂取してください。アレルギー反応・疾病・他の服用薬剤等との干渉および弊害に関しては、事前に専門家である医師へ必ずご相談ください。


 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -