MENU
Close 

      2017/09/04

【詳細解説】ビタミンによる効果的な下痢の治療法

 
【詳細解説】ビタミン・ミネラルによる効果的な下痢の治療法

~ ビタミン・ミネラルによる下痢の改善方法 ~
多くの原因が考えられる、下痢の症状。栄養素を適切に吸収できない状態であるこの下痢は、早急に改善すべき症状の一つである。

本来私たちは、ぜん動運動によって腸の内容物を肛門へと送り出すが、下痢の場合にはこの蠕動運動が活発になり過ぎ、水分が補給されないまま排出されてしまう事になる。

その多くはウイルス性・細菌性・食中毒などが原因となるが、暴飲暴食などで消化管系が適切に働かない場合にも、消化不良により下痢の症状が引き起こされることがある。

通常のウイルス感染性の下痢の場合、数日で約1週間で改善に向かう。その場合に吸収できない・損失する栄養素として塩、マグネシウム、カリウムやカルシウムなどの電解質が挙げられるが、問題はそれら以外の慢性的な下痢の症状である。

慢性的な下痢により引き起こされる栄養不足には、血圧・心拍数・神経における信号伝達・筋肉運動などの重要な器官に必要とされる栄養素、心拍の異常や低血圧、手足の脱力など様々な問題が危惧される。

また時に大腸がんや潰瘍性大腸炎などの重篤な疾病の可能性もあるため、下痢の症状の継続時間と改善の程度を慎重に確認することも、非常に重要である。

ここからは、その下痢の具体的な対処法をご覧いただきたい、

スポンサー様


下痢改善のために行うべき対処法

下痢の時にも適度な食事をする

通常の下痢の場合、開始から約24時間以内に症状は緩和に向かう。その際に空腹感を感じた場合、下痢であるから吸収できないと考えず、しっかり食事をとったほうが良い場合が多い。

特に軽食から始め、麺類・お粥などのでんぷん質の食事をゆっくりと摂取し、胃腸の様子に合わせて摂取量を増加していただきたい。

電解質・水分を補給する

下痢による強制的な電解質・水分の排出は、思った以上に深刻である。ある研究では、幼児や就学前の子どもは脱水状態になりやすいため、米国においては急性下痢により毎年500人から1000人もの子供が死亡しているデータもある。

例え大人であっても、下痢の際には水分と電解質(イオンなどを含む水分等)の補給が欠かせない。特に下痢により排出される水分量が低下してきた時、皮膚にハリを感じなくなった時、喉の渇きを感じた時など、その危険信号には敏感になるべきである。

ナトリウム・カリウム・水分・ブドウ糖を最初に補給する

前述の理由からも分かるように、下痢の際の電解質の補給は必要である。スポーツドリンクによる電解質の補給が容易な現代では、ナトリウム・カリウム・水分・ブドウ糖などを豊富に含んだ市販の製品(アクエリアスなど)も効果的である。

ただ下痢の症状が12時間以上継続する場合には、専門家の診断を受けられた方が良いだろう。特に慢性的な下痢ではない方が、数日にわたり下痢の症状に悩まされている場合、何かしらの疾患の可能性も否定できない。

摂取目安量

  • 1時間に120mlづつ(下痢の症状が収まるまで)

ストレス性の下痢(過敏性大腸炎)には、食物繊維・油成分はNG

下痢がストレス性の場合には食物繊維や油成分の摂取は控え、ストレスそのものの原因を緩和すると良い。ただストレスの緩和は簡単なものではないため、普段から腸内環境を整えることも、一つの予防策に繋がる。

ペクチンやアルギン酸などの水溶性の食物繊維を積極的に取り入れ、便の堅さを調節することや、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維とのバランスを考えるなど、普段からの調活もこれらのストレス性下痢を緩和してくれる要素となるだろう。

~ ご注意 ~

※各種有効成分・ビタミン・ミネラルに関しては国が定める安全容量を必ず遵守し、自己責任で摂取してください。アレルギー反応・疾病・他の服用薬剤等との干渉および弊害に関しては、事前に専門家である医師へ必ずご相談ください。


 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -