MENU
Close 

   

【簡単解説】ビタミンE 効能・副作用・研究に基づく効果的な摂取方法

 
【簡単解説】ビタミンE 効能・副作用・研究に基づく効果的な摂取方法

~ ビタミンB2の特徴と効果 ~
あまり耳慣れない、水溶性の吸収が非常に良いビタミン。他の水溶性のビタミンと同様、体内に貯蓄することが出来ない成分である。

その主な効果は、抗酸化剤としての働きによる活性酸素の除去及び癌やコレステロール上昇予防であり、体内で起き得る様々な化学変化を支援する役割を持ち、特に葉酸とビタミンB6を活性化させるためには、このビタミンB2が欠かせない。

アミノ酸に関してはビタミンB2の支援により、思考や記憶に必要な神経伝達物質へと変化する。更に口腔内・唇・舌の潰瘍治療などの効果もあり、視力増進だけでなく様々な効果を併せ持っている。

特にダルタチオン・ペルオキシダーゼ酵素と共に作用し、老化・癌の原因となる過酸化脂質を分解する役割も持つ。そのため多くのサプリでは、酸化脂質の生成自体を抑えるビタミンEとの摂取による、抗酸化作用向上を売りとしている。(後述の詳細効果参照のこと)

もしビタミンB2が欠乏すると、貧血だけではなく視力に関する影響が出やすくなる。特に光への過剰反応・疲れ目・霞目・充血などの症状が生まれやすくなり、さらに重度の皮膚炎などに発展する恐れもある。

主に乳製品に含まれるこの成分は、ベジタリアンの方に欠乏しやすい特徴がある。そしてその欠乏症には、皮膚や生殖などを始めとする様々な弊害が引き起こされる。また定期的な運動によっても、ビタミンB1の排出速度が高まることが分かっている。

同時にアルコールの摂取によっても、同様に体内のビタミンB2は減少する傾向にあり、さらにストレスを感じやすい方はその必要摂取量も増えるのではないかと考えられている。

特に妊娠中・授乳期の方には、サプリメントなどを利用したビタミンB2の摂取が推奨されている。さらにビタミンB2自体の吸収率は非常に高いが、より効率的に摂取するためには他のビタミンB群との摂取が推奨される(特にビタミンB6・B3・ビタミンC摂取時が最適とされる)。

ただこの成分には過量投与の心配はなく、過剰に摂取したビタミンB2は体外に排出される。しかし中には所要量の2000倍ものビタミンB2摂取による腎臓結石の報告もあるため、極端な過剰摂取には注意が必要となる。同時にビタミンB2の摂取によるタンパク質の喪失も危惧されるため、過剰な摂取は推奨されない。

またこの成分は熱と酸化には強い性質を持つが、光には極端に弱い性質があるため、サプリメントの保管方法には、注意が必要となる。

最後に過剰摂取に関してはビタミンB2は水溶性ビタミンのため、余分に摂取しても尿から排世され、過剰症の心配は限りなく少ないと考えらえる。

スポンサー様


ビタミンB2の効能と体内での働き

  • 口腔内・唇・舌の潰瘍治療
  • 視力増進
  • 眼性疲労の回復
  • 成長・生殖促進
  • 健康な皮膚・爪・髪の形成
  • 炭水化物・脂肪・タンパク質の代謝調整

欠乏症による問題点

  • ニキビ
  • 肌あれ
  • 舌炎・口内炎
  • 胃や肛門などの粘膜炎症・結膜炎
  • 貧血
  • 口腔・唇・皮膚・生殖器の病変
  • 光過敏症過敏
  • 疲れ目・霧視・目のかゆみ・目の痛み・充血
  • 重度の皮膚炎

ビタミンB2が減少する可能性・要素

  • 経口避妊薬とアルコールの摂取
  • 水(ビタミンB2は水溶性のため)、
  • サルファ剤
  • エストロゲン
  • 多量の抗生物質
  • 精神安定剤・副腎皮質ホルモン剤・経口避妊薬等

ビタミンB2に報告されている副作用・危険性

  • かゆみしびれ・焼灼感・皮膚異常(過剰摂取による)
  • メトトレキサート抗腫瘍薬(抗癌剤)摂取時のビタミンB2過剰摂取による無効化
  • ※過剰摂取に関しては、確定的に良いものではありません
    ※確定的に危惧されるものではありません

ビタミンB2を多く含有する食品

  • 鶏肉
  • 魚肉
  • 朝食用シリアル
  • ブロッコリー
  • アスパラガス
  • ほうれんそう
  • ヨーグルト
  • 牛乳
  • チーズ
  • レバー
  • 酵母
  • チーズ
  • 緑色葉野菜
  • 豆類

ビタミンB2の摂取目安・所要量

  • 日本人成人男性所要量:1.2mg
  • 日本人成人女性所要量:1.0mg
  • サプリとしての一般的な推奨量:100mg~300mg/day
  • RDA・RDI(共に成人):1.2mg~1.7mg(妊娠中は1.6mg 授乳期の最初6カ月間は1.8mg、その後6カ月間は1.7mg)
  • ※所要量:特定の年齢や男女集団の97.5%(平均必要量+標準偏差の2倍)の必要量を満たすのに充分な摂取量

※RDA(Recommended dietary allowance):一日当たりの食事摂取基準であり、飽食時代に合わせて生活習慣病に対応する形で修正された、新しい摂取基準
※RDI(Recommended dietary intake):アメリカにおける推奨摂取量であり、健常者のほぼ全ての人において1日の必要量を満たすと推定される量

各情報は全て各種論文・研究機関の発表に基づくものであり、確実性を担保するものではありません。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -